1. Home
  2. 適した勉強法を

適した勉強法を

英語

すぐにチェックが可能

グローバル化が進んでいる現代では、世界共通語である英語の需要が高まっています。2020年度には、小学3年生から学習の一環として「英語を楽しむ活動」が追加、さらに小学校5年生からは英語が正式教科として追加されます。早いうちから勉強させておきたいという考えが推測できます。さらに英語を深く学びたいという人にとっては、個別指導の学習塾や家庭教師を利用するのも良いかもしれません。個別指導という性質上、学校の授業のような形式とは違い、わからないことがあればすぐに質問することができます。習得が難しい英語は、特に個別指導に向いている教科といえるでしょう。英語のカリキュラム内容としては、読む・書く・聞く・話すの大きく4つに分類することができます。英語を勉強する上では、やはり単語や文法がわかっていないと先に進むことができません。日本語とはまったく違う文字や発音となるため、苦戦することが予想されます。しかし、4つの内容をすべて別々に勉強する必要はありません。人間は五感から情報を得て、それを経験・体験として蓄積していきます。そのため、英語を読みながら書く、書くときには実際に声に出してみるなど、同時に2つ以上の内容を並行して学習することができるのです。語学学習をする際には、特にこのような五感をフルに使った学習法が効果的です。個別指導の先生に直に教えてもらいながら、効率よく英語を学習することができるでしょう。